プロミスは年金受給のみの人でも借りれる?

プロミスを利用する時の最低条件は、年齢が20歳以上69歳までで、安定した収入を得ている事であり、
この条件をクリア出来なかった場合は審査対象外となります。

なので、年齢が20歳以下や69歳以上では審査の対象外ですし、収入が無い場合も審査の対象外となります。
安定した収入というのは基本的に会社で正規、非正規問わず、雇用されて働いており、
毎月必ず収入があることが条件になっています。
年金受給による収入はダメ?プロミスから見た見解とは・・・
収入源が年金のみの場合にはどうなるか?

年金の受給は一見、コンスタントに欠かさず入ってくるお金なので、安定収入とみなして問題なさそうですが、
年金受給額がどれだけ多くてもプロミスの審査基準をクリア出来ていません。
なぜならば、年金自体が労働に対する収入ではないからです。

ですので、年金受給のみでの申込については審査を受けることが出来ないと言うことになります。
では年金を受給しながら、アルバイトやパートでの収入もある場合はどうなのかといえば、
労働収入があるとみなされ、こちらであれば融資可能とされます。

つまり、年金受給者でもキャッシングやカードローンが可能となるのは、少額でもいいので
何かしらの仕事をされてお給料を得ている人になります。これであれば
プロミスの申込条件をクリアしていることになり、融資可能な範囲に入ることができます。
ただし、労働の収入がある年金受給者の場合でも、年齢が70歳以上の場合には、
年齢制限に引っかかる為、プロミスでの借り入れはできません。

まとめると、年金受給者の方がプロミスでお金を借りれるのは、
60歳~69歳で年金を受給しており、かつ、
労働による収入を得ている場合のみ、融資可能になります。

プロミスを利用している間に70歳を迎えた時に、その時点で利用ができなくなるので注意してください。
借りすぎてると返済が大変になるので、年金受給者(高齢者)はあまり多額の借金をしないほうがよいでしょう。

健康ならパートやバイトを増やし、消費者金融での借り入れや年金を担保にお金を借りるなどはなるべく控えたほうが
健全な生活のために良いでしょう。