プロミスでの在籍確認の審査、絶対に回避できないの?

プロミスでお金を借りたいけれど、在籍確認の審査はどうしても回避できないのだろうか?

勤務先に電話で、実際に定職についているかいないかの確認は、プロミスだけではなくどの消費者金融でも利用するうえで、原則必要となっています。

キャッシング利用は、定収入があるかどうかが、申請する時に問われます。

そのため、プロミス等の消費者金融では、勤務先に電話をして確認を撮ることがとても重要なこととなってきます。

審査をスムーズに通過し、融資をしてもらうためには、プロミスからの在籍確認が必須とされます。
気分的に快く思わない人も多いですが、審査通過のためと納得するしかありません。

一体、在籍確認ではどんな内容の会話をされるのでしょうか?

在籍確認で聞かれることは、特別難しいことはないです。プロミスを利用するために申請した人が、記載された勤務先にてきちんと働いているかどうかを確認するだけなので、難しいことは聞かれません。審査書類に誤記入があるか,ないかの確認だと思えばいいでしょう。

審査書類を提出した人の中には、勤務先に常駐してない場合もあり、電話に出ることができないケースもあります。その場合は、プロミスに、事前に相談をしておくとよいでしょう。在籍確認の電話と言うのは、プロミス等の金融会社としても、事務的に負担な要素なために、スムーズに済ませたいため、シンプルなことを聞かれて終りとなります。

在籍確認電話で、消費者金融を利用していることが会社にばれてしまうのか?

一般的にプロミスなど消費者金融が在籍確認のために電話をしてくる時、申請者以外の人に消費者金融を利用していることが暴露する形で、電話をすることは、貸金業務法的には禁じられています。
プロミスが在籍確認の電話をするさいは、申請者以外にバレないように、とても用心して電話をしてきます。
在籍確認の電話で、会社や同僚に自分の借金が露呈するようなことはまずないことだと、安心していいでしょう。

ただ、会社によっては、仕事以外の電話が会社の電話を通じてかけてくるということに、不審に思う場合もあるので、業者の対応次第ですが、なるべく自分が受け取ることができるように、事前の準備は大切になります。

消費者金融によっては、在籍確認がないところもある?

そうですね、プロミスも電話を回避して在籍確認を完了させる方法があります。アコム等、ほかの消費者金融でも同様に、指定された書類を提出することによって、勤務先へ在籍確認の電話なしで審査が終了するというケースもあります。

どうしても職場に電話がくるのは困る、あるいは、常駐していないなどの場合は、書類提出で在籍確認をしないで済むかどうか確認してみるといいでしょう。

しかし、審査書類の条件クリアに不安がある場合は、在籍確認の電話を回避しない方が、審査に通過しやすくスムーズにことがすすみます。

最近では在籍確認の審査は回避できないものの、書類で在籍確認を済ませ、電話連絡なしで借りるという方法が一番人気になっています。