プロミスで在籍確認が取れない場合とは?

プロミス等の大手消費者金融から借入を行う場合、在籍確認は絶対に行われます。
金融会社から勤務先へ電話連絡が来るのは嫌だと感じる人もいるかもしれません。

しかし、多くの消費者金融では、個人名で電話したり、一般企業のような名前に変更したりしてくれます。
(プロミスでは相談次第)

また、予めプロミスや消費者金融側にお願いすれば、
家族の名前を名乗って電話を掛けてくれる事も可能ですし、そんなに心配する必要はありません。

もし、電話が掛かってきた際に、本人が席を外していたとしても、電話を取った同僚が「○○は只今席を外しております」
と答えれば在籍確認は取れたという事になりますので安心してください。

しかし、それでも在籍確認が取れないケースもあるかと思います。
絶対にないと言い切れない部分もあるので確認しておきましょう。

勤務先の電話が使用できない場合:
電話料金を支払っていなかったり、電線工事をしていたりして会社の電話が止められている時に消費者金融から連絡があった場合、電話が通じなかったという事になり、在籍確認は許可されません。

誰も電話に出れなかった場合

在籍確認の電話が掛かってきた際、会社が休みだったり、電話に出る社員がいなかったりした場合も在籍確認は不可となります。
なので、会社が休日で誰も出れない時であれば、
事前にプロミスに報告しておきましょう。
また、誰も電話に出れないという状況にならないよう、出来るだけ自分で電話に出れるようにしておきましょう。

「在籍していない」と言われた場合

会社や電話を取る人によっては、個人情報保護法が厳しい企業だったり、怪しい電話だと判断された場合に「○○という者は在籍していません」
と答えるように徹底している場合があります。
プロミス等の消費者金融からの電話に、在籍していないと答えられてしまった際は、在籍確認は不可となってしまいます。
そのように徹底されている会社の場合は、
同僚に「クレジット会社から在籍確認の電話がある」と事前に伝えておきましょう。
そしたらもし自分がいない時に電話があっても安心です。
当然ですが、申請をする際、自分の勤務していない会社名を記入するなど嘘をつくことは決してしないでください。